HOME>注目記事>どうしたらいい?離婚の慰謝料問題はプロを頼るのが解決への近道

どうしたらいい?離婚の慰謝料問題はプロを頼るのが解決への近道

男女

離婚の慰謝料問題は専門家に間に入ってもらった方がいい

離婚問題が発生した時、少なからず慰謝料の問題が発生します。慰謝料とは本来夫婦の間で自由に決めることは出来ますが、金銭問題でなかなかスムーズに意見が合うことは難しいです。特に不倫やDVなどの問題があった場合、自分たちでは解決できない場合が多いでしょう。その場合、離婚問題に詳しい弁護士に相談をしましょう。不倫や浮気の場合、100〜500万円は請求できます。悪意の遺棄の場合は50〜300万円、DVやモラハラは50〜500万円など、どれくらい精神的苦痛を受けたかによって請求できる金額は異なります。

弁護に離婚の慰謝料問題を相談するときの流れ

割れたハート

まずは離婚問題に詳しい弁護士に相談

離婚問題が発生したら、まずは弁護士に相談をします。弁護士と一口に言ってもそれぞれ得意分野が異なります。交通事故に詳しい弁護士もいれば、不動産関係に詳しい等専門分野はそれぞれ異なります。まずは離婚問題に詳しい弁護士を見つけましょう。

証拠集めをしましょう

もし浮気やDVが原因で離婚をする場合、DVや不倫の証拠集めをする必要があります。証拠となるものがなければ不倫やDVで慰謝料を請求したくても難しいでしょう。証拠のメールや写真などがあれば、相談をする際に弁護士に提出をしましょう。

どれくらい慰謝料を請求できるのか計算をしてもらいましょう

離婚問題の慰謝料といっても、不倫や浮気、悪意の棄却、モラハラやDVによって金額が異なります。50万円〜最大500万円ほどです。まずは自分がどれくらい請求できるのか、弁護士に相談をしましょう。状況によって金額が加算されることもあります。

そのまま調停や裁判の説明を聞くこともできます

これまで離婚について二人で話を進めていたが、話し合いでは解決できない場合は調停を行えます。調停では弁護士が間に入ってお互いの話を聞くことも出来ますが、それでも納得できない場合は裁判を起こすことになるでしょう。