弁護士や司法書士は法律のプロ

借金で苦しく個人再生の相談をしたい、残業をしているのにも関わらず残業代が出ない為、企業を相手に残業代請求をしたい、そんな時は司法書士や弁護士など法律のプロに任せましょう。

弁護士に相談ができる内容

ジャッジガベルと天秤

離婚についての相談

若い人だけではなく最近では定年を迎えた夫婦が離婚をするという「熟年離婚」も増えています。離婚をするにあたり、親権の問題や財産の問題、慰謝料の請求まで様々なことを話し合う必要がありますが、夫婦で話し合っても上手くいかない場合、離婚専門の弁護士に相談をするといいでしょう。

借金の問題

毎月一生懸命働いてお金を稼いでも、借金返済で生活をしていくことも困難だという人は決して少なくはありません。借金返済で精神的にも追い詰められ、給料の関係や仕事を失った、体調を崩して働くことが出来ず借金返済が難しくなってしまったという人は悩まず弁護士へ相談しましょう。

交通事故の示談

単独で交通事故を起こした場合、自損事故として処理をされますが、相手がいて尚且つケガをしたなら話は別です。ケガの重症度や入院か通院、後遺症のレベルによっても請求できる金額は異なります。自分たちで解決せず交通事故に詳しい弁護士に依頼をするといいでしょう。

不動産問題

不動産関係のトラブルは今も昔も変わりません。不動産契約をした際、様々な契約を交わすかと思いますが、地代の滞納といった契約違反が起こった場合のトラブル、親が亡くなり家を引き継ぐ際のトラブルなど様々な問題が起こります。不動産問題で悩んでいる場合、不動産関係に強い弁護士に相談をしましょう。

残業代未払い

どんなに一生懸命働いても、毎月支給される給与明細を見たら残業代が含まれていなかったという問題は非常に多いです。残業代が出ず、泣き寝入りをする人もいますが、労働関係に詳しい弁護士に相談をする事で、今まで未払いの残業代を請求することが可能です。

個人再生の依頼費用はどのくらい?弁護士が力になる!

男性弁護士

弁護士に個人再生を依頼する場合の費用

まず着手金が発生します。着手金は依頼主が弁護士に個人再生の依頼し案件を受任したことで発生します。着手金の相場は平均で30万円ほどします。次に報酬金です。報酬金とは個人再生を依頼し、案件が成功した場合に発生します。報酬金の費用の相場は10万円です。それ以外にも裁判所へ支払うお金は、収入印紙代で大体1万円前後、官報掲載費用で1万2千円、郵便切手代で1,600円、個人再生委員への報酬は25万円など、全て金額をあわせても60万円以上はします。

自己破産を福岡で検討しているなら必見!

静岡で交通事故の問題はコチラに相談しよう!
医療ミスは専門の弁護士事務所に相談!

相続税申告などの問題は税理士へ◎